Hirofumi Yoshida - 吉田裕史

吉田裕史

吉田裕史:指揮者

東京音楽大学指揮科及び同研究科修了。ドイツ・イタリアで研鑽を積み、2007年ローマ歌劇場カラカラ浴場野外公演を指揮、2010年1月よりマントヴァ歌劇場音楽監督に就任。

Calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

New Entry

Archives

Category

Links

Links2

2006年1月29日 22:29

イタリア・デビュー!

ついにイタリアでのオペラ、バレー、コンサート活動がスタート!

デビューは、なんとローマ歌劇場バレー団のイタリア国内ツアーの指揮です。
イタリアに12ある国立歌劇場のひとつ、トリエステ歌劇場でのこのバレー、曲目は「牧神の午後への前奏曲」「火の鳥」などメジャーな曲目ばかりです。

スケジュール等の詳細は、近日中にBlog上にて発表いたします!

今日の公開収録コンサートに来てくださった皆様、ありがとうございました。
読売日本交響楽団の情熱的&色彩豊かな演奏、最高でした!

この放送台本によると、テレビでのオンエアーは2回:

4月12日 25:59~26:59
5月10日 25:59~26:59

の予定となっています。

このほかにBS での放送もありますので、スケジュールが分かり次第、BLOGにアップします!

2006年1月24日 22:00

月刊 「BRIO」に登場!

今日(1月24日)発売の "BRIO" に指揮者・吉田裕史の特集が組まれています。 
タイトルもずばり:

「歌劇場に極まるローマの休日」 日本人マエストロはどう歩くか?

11月に取材を受けたのですが、ローマ&ローマ歌劇場の魅力があますことなく伝わってきます。
ぜひ、ご覧ください!

日本テレビ 「深夜の音楽会」 収録コンサートが今月25日にオペラシティコンサートホールにて行われます。 オーケストラは、読売日本交響楽団です。

2006年 1月25日(水) 18:15 開場/18:45 開演  東京オペラシティ・コンサートホール
  
  指揮...吉田裕史
  ピアノ...小林愛美(あいみ)
  ソプラノ...幸田浩子
  バリトン...宮本益光

曲目: モーツァルト  ピアノ協奏曲 第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」から第1楽章 、他
    プロコフィエフ バレエ音楽〈ロメオとジュリエット〉から抜粋 他

 公開収録ですので、皆さんぜひいらしてください。

応募方法は こちら まで。

2006年1月 8日 01:23

「ロミオとジュリエット」

習志野フィルハーモニー管弦楽団とのコンサート、テーマは、あの永遠の名作 「ロミオとジュリエット」 です。
今年の夏、ヴェローナに行った時に、2人が愛を誓ったバルコニー、散歩をした公園 etc... を訪ねてきました。 
そして、フランコ・ゼッフィレッリ監督の映画 「Romeo & Juliet」 あの色彩感・・・ とても印象的ですね。  

今回は、ブログの読者の皆様を、このコンサートにご招待!

2006年1月22(日)
開演:14:00 千葉県・習志野文化ホール

チャイコフスキー  幻想序曲 「ロメオとジュリエット」
プロコフィエフ    バレエ音楽 「ロメオとジュリエット」全曲版から抜粋 (ナレーション付)

そしてなんとアンコールまでもが・・・ お楽しみに!

来場ご希望の方は 御名前、連絡先、御希望枚数を明記の上、こちら までご連絡ください。 

2006年1月 2日 22:23

赤い富士山?

久しぶりのオフを利用して、富士山の麓、山中湖畔に来ています。 
滞在中のこのペンションは、アットホームな雰囲気と、静かな環境がとても素敵です。

そういえば、クリスマス・シーズンを日本で過ごすのは本当に久しぶりなのです。 

1999年に留学してから昨年まで、ほとんど毎年、ミュンヘンやローマの友人とその家族と一緒に過ごしてきました。
最初の年はミュンヘンにいましたが、日本への留学経験のある友人、マーティンの家(ミュンヘン郊外、ダッハウ)で、彼の家族とともに過ごし、大変温かく歓迎してくれたことにとても感激した事を覚えています。 一緒に食事をして、語らいながら夜が更けていく・・・ そんなクリスマスでした。

さて、海外にいると、こんな質問をされることがあります。
 
 「なぜ、北斎の描いた富士山は赤いのか?」

そして、日本で生まれ育った私も、ずーっと疑問に思っていたことがありました。

 「赤富士と紅富士の違いは?」

それでは、解答です!

 「赤富士」と「紅富士」(8月3日日経夕刊コラム記事より)

   "富士山の山肌が朝焼けで真っ赤に染まる「赤富士」が、二日午前五時ごろ姿を現した。
   赤富士が最も美しく出るのは七月中旬から八月下旬の朝方と夕。雲がかかることも多く、
   山全体がきれいに見えることは珍しいという。冬に雪化粧した富士山が赤く染まるのは
   「紅富士」と呼ばれている。"


というわけで、明日の朝は6:00前にペンションを出て、6:30頃から始まる「紅富士」を見てきます!