Hirofumi Yoshida - 吉田裕史

吉田裕史

吉田裕史:指揮者

東京音楽大学指揮科及び同研究科修了。ドイツ・イタリアで研鑽を積み、2007年ローマ歌劇場カラカラ浴場野外公演を指揮、2010年1月よりマントヴァ歌劇場音楽監督に就任。

Calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

New Entry

Archives

Category

Links

Links2

2006年2月18日 16:01

ワグネル

ワグネルのみなさん、素敵な演奏でした。
ウィーン&プラハ公演に向けて、更に磨きをかけていきましょう!

(芸劇での演奏会の写真があれば、 ここに 送ってください。 このBlogにアップします)

コンサートのご案内!

ワグネル・ソサエティー・オーケストラ

『第190回定期演奏会』

2006年2月18日(土)
東京芸術劇場大ホール 
開場17:50 開演18:30

G.ベルディ 歌劇《シチリア島の夕べの祈り》序曲
芥川也寸志 交響三章
ブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」

ワグネルの皆さんとは、このコンサートの後でヨーロッパ演奏旅行に出かけます!

3月 6日 ウィーン・ムジークフェライン
3月12日 プラハ・スメタナホール

この期間にヨーロッパ旅行の御予定がありましたら、ぜひお立ち寄りください。
ウィーンやプラハでお会いいたしましょう!

2006年2月14日 16:04

ナイル川に「虹」?

カイロ歌劇場芸術監督ハッサン・カミ氏とのミーティングは、ナイル川河畔のレストランで行われました。 ニューヨークの 9.11 以来中止になっている、ピラミッドの前での「アイーダ」公演の再開について、そして来年度以降の私の客演についてetc...話しました。 

と、その時! 虹 が!!

ハッサン氏曰く、「ナイル川に雨が降るだけでも珍しいのに、雨が上がった後に「虹」が出るなんて!!」 
10数年ぶりのことだそうです。

あまりの偶然に・・・ この虹のように、文化の架け橋にならなければ! 
と、本当に想いました。

ヴェルディ作曲 「アイーダ」 初演の地 カイロ歌劇場 からの要請により、ヨーロッパで活躍する日本人のオペラ指揮者ということで、招待を受けました。

現在、ローマ歌劇場では、10日から始まるヴェルディの代表作 「リゴレット」 のProva(リハーサル)が行われています。 
今年9月に行われる日本公演でも披露されるアゴスティヌッチ演出のこのリゴレットは、独特の色彩感が全体を支配し、とても印象的&魅力的な舞台に仕上がっています。

本番前までのリハーサルは:

今日: 通しリハーサル
明日: ゲネプロ
明後日: 直前ゲネプロ(イタリア独特の呼び方!)
明々後日: 本番

と進んでいきます。

イタリアの歌劇場の特徴として、本番前のこの3日間で信じられないくらいの追い込みをかけ、完成度を高めていきます。 そして最後には、本当に驚くほどのクオリティーに持って行くのです。 あくまでも本番に照準を定め、最終的に "芸術" まで昇華させていく彼らのやりかたには、いつも驚嘆させられます。
まるで、「パフォーマンスというものは、ある一定のラインを超えないと、"感動" の域には達しない」 ということを知り尽くしているかのようです。

明日から2日間続けて、プッチーニのオペラを指揮します。
1時間弱の短いオペラですが、プッチーニ・カンタービレの魅力がいっぱいのこのオペラ、ぜひ観にいらしてください。
そして、次の日には・・・ ローマに戻ります!

オペラ研究プロジェクト 『修道女アンジェリカ』

2月3日 開演 19:00
2月4日 開演 15:00

ヤマハ・エレクトーンシティ渋谷メインスタジオ

問い合わせは こちら まで

2006年2月 1日 16:08

第九から一ヶ月・・・

昨年末の "丸ビルカウントダウン第九演奏会" から早くも一ヶ月が過ぎました。
合唱団の方からいただいたDVD (当日の演奏)を見て、丸の内女声合唱団&ジルヴェスター・オーケストラとの白熱の演奏をとても誇りに、そしてうれしく思っているところです。
みなさん、ぜひ、また一緒に演奏しましょう!