Hirofumi Yoshida - 吉田裕史

吉田裕史

吉田裕史:指揮者

東京音楽大学指揮科及び同研究科修了。ドイツ・イタリアで研鑽を積み、2007年ローマ歌劇場カラカラ浴場野外公演を指揮、2010年1月よりマントヴァ歌劇場音楽監督に就任。

Calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

New Entry

Archives

Category

Links

Links2

最高に音響が良いことで知られる紀尾井ホール、毎年、各国の音楽をテーマにクリスマス・コンサートを開催しています。


今年は 「Viva ITALIA! オペラの国のクリスマス」 と題し、吉田裕史がプロデュース、指揮致します。


20081223.jpg


「Viva ITALIA! オペラの国のクリスマス ~ロッシーニ&プッチーニ メモリアル~」


■日 時 2008年12月23日(火・祝) 16時開演
■場 所 紀尾井ホール 大ホール
■出 演


・指揮/構成: 吉田裕史


・ソプラノ: 松田奈緒美 ・メゾ・ゾプラノ: キアラ・ボンツァーニ ・テノール: 村上敏明 ・バリトン: 森口賢二


・合唱団: 紀尾井クリスマス・オペラ合唱団


・オーケストラ: 紀尾井シンフォニエッタ東京


・ナビゲーター: ダリオ・ポニッスィ


■チケットのお問合せ 紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10:00-18:00、日・祝休)

Puccini.jpg

そうなのです! 先日、プッチーニの生涯をミュージカルとして上演するべく準備を進めているプロデューサーの方に、ここローマでお会いしました。


写真は、このミュージカルのプロモーション用資料の表紙なのですが、このデザインが示すように、プッチーニの人生をコラージュ的に描写したストーリーになっていて、幼い主人公(プッチーニ)が、マダマ・バタフライ(蝶々夫人)を上演中の、ある歌劇場の舞台袖から舞台を覗いている、、、そんな場面からドラマが始まるのだそうです。


熱い説明を聞いていて、なんとなく何かの映画に似ているなぁ、と思い、このプロデューサーの方に、「何だか、、 ニューシネマパラダイス に似ていますね!」と言ったら、「Si! esattamente!!」(そう! その通り!!)と即座に答えが返ってきました。 なんて率直な方なのでしょう(笑)。


いつか日本でも上演される日が来ますように!

2008年10月14日 18:49

エルコラーノ市 (ナポリ)

ercolano_g.jpg

古代ローマ時代の79年、ポンペイと一緒にヴェズーヴィオ山の噴火によって地下に埋もれてしまった町、エルコラーノ に行ってきました。


街中いたるところに素敵なヴィッラ(豪華な別荘)がたくさんあり、そのほとんどが ナポリ王国 時代、特に1700年代に、貴族階級の人々が王国の首都であったナポリ周辺のこの地域に建築したものだそうです。


写真は掘り起こされた古代ローマ時代の遺跡、そして背景にはヴェズーヴィオ山が見えます。


地中海(山とは反対側)に沈む夕陽が、最高に美しく、、 "映えて" いました。

DSC00634.JPG

香港で「ドン・カルロ」、日本で「源氏物語」を指揮し、2か月ぶりにローマに戻ってきました。


いつものように、ローマ・フィウミチーノ空港に着き、飛行機を降りて、 "さあ、今日は荷物が出てくるまで何十分待たなければいけないのだろう?(30分待つことは普通です)" と考えながら、受け取り場所まで来ると、、、なんと、すでにスーツケースが流れてきているのです!!


この驚き&ユーモア、もしすぐにわかったら、かなりイタリア通かもしれません。 とにかくびっくりしたので、ブログに載せようと思って写真を撮ってきました。


そういえば、アリタリア航空はどこが買ってくれたのでしょうか(笑)? エアフランス? ルフトハンザ?

2008年10月 5日 18:29

La vita è bella! その1

人生って本当に素敵だな! と心から思う瞬間があります。

 ① 本を読む。

 ② 人と出会う。

 ③ 旅をする。

私にとっての人生の糧です。

さあ、明日はオペラ「源氏物語」日本語版(抜粋)の指揮を執ります。

どこまでドラマティックに演奏できるか、、持てる力をすべて注ぎ込みます。

明日(もう今日ですね)、聴きに来てくださるみなさん、お楽しみに!