Hirofumi Yoshida - 吉田裕史

吉田裕史

吉田裕史:指揮者

東京音楽大学指揮科及び同研究科修了。ドイツ・イタリアで研鑽を積み、2007年ローマ歌劇場カラカラ浴場野外公演を指揮、2010年1月よりマントヴァ歌劇場音楽監督に就任。

Calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

New Entry

Archives

Category

Links

Links2


在ラトビア日本大使館のHPに、5月27日の公演についての情報が掲載されています。


 

 

今年1月に「椿姫」を指揮し、好評を博したラトビア国立歌劇場に再登場!

 

今や同歌劇場の代表的なレパートリー(写真右)となっている 「蝶々夫人」 を指揮いたします。 1月に共演した若手実力派テノール、Dymitro Popov のピンカートンにも期待が寄せられています。

 

ラトビア国立歌劇場 「蝶々夫人」

 

 2010年 5月27日 開演 19:00

 

Conductor: Hirofumi Yoshida
 
Cio-Cio-San: Sandra Janusaite
Pinkerton: Dmytro Popov
Suzuki: Miwa Asakura
Sharpless: Jānis Apeinis
Kate: Evija Martinsone
Goro: Munenaga Terada
Prince Yamadori: Nauris Puntulis
The Bonze: Romāns Poļisadovs
The Imperial Commissioner:
Armands Siliņš

 

 

 

 

 

opera2.jpg

今秋、マントヴァにて開催されるリゴレットフェスティヴァルのオフィシャルWEBサイトがアップデートされています。(日本語ページも作成中です) 

 

 リゴレットフェスティヴァル2010


RAI 3 のニュース番組において、4月9日に行われたバロックオペラフェスティヴァルの開幕コンサート(スターバト・マーテル)の様子が放映されました。


 

フェスティヴァルの公式WEBサイトがオープンしました。

 

  ercolano_festival_barocco.jpg

バロック音楽フェスティヴァル(ペルゴレージ生誕300年記念)

 

 

 

baroccosito2.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像本日、 エルコラーノ市長出席の下、バロックオペラフェスティヴァルについての記者会見が開催されました。 

 

記者会見の模様

 

その席上で吉田は、1700年代のオペラは近年日本においても非常に関心が高まってきていること、特に今年のテーマとして取り上げる作曲家 ペルゴレージ の作品 -「奥様女中」や「スターバト・マーテル」-などは、かなり頻繁に演奏されるようになってきていることについて語り、今後、これらの素晴らしい作品を演奏、研究する場をフェスティヴァルという形で実現し、バロック時代の音楽の再評価と、音楽を通しての文化交流の促進を積極的に図っていきたい、との抱負を述べました。

 

今年度は4月9日から6月5日まで開催されますが、この期間に行われるすべてのイベントの詳細は、 こちら からダウンロードできます。        

ベズビオ火山と並び、遺跡で有名な世界遺産の街 Ercolano (エルコラーノ)において、カンパーニア州、ナポリ県、そしてエルコラーノ市の共催により開催されて行くことが決定した バロック音楽フェスティヴァル の芸術監督に就任いたしました。

 

オペラ「奥様女中」の作曲家として知られる ペルゴレージ の生誕300周年を記念して開催されるこのフェスティヴァル、今年は4月9日から6月5日までの約2ヶ月間に渡り、オペラ、コンサート、講演会、資料や衣装などの展示などを通して1700年代のイタリア・バロック音楽が紹介されます。

 

今日は、フェスティヴァル開幕を飾る4月9日のコンサート (ペルゴレージ作曲「スターバト・マーテル」)を指揮するため、ここエルコラーノに来ています。

 

 

(写真は、エルコラーノから見たナポリ湾の夕暮れ)

 

Ercolana1 - コピー.jpg

2010年4月 1日 21:01

マントヴァへ

Mantova2.jpgいろいろな理由から、しばらくブログを アップすることが出来ずにいましたが、、やっと環境が整いました。

 

というわけで、 可能な限り "出来事が起きたその日の日付" で更新していきたいと思います。

 

慣れ親しんだローマを離れ(4月1日の時点で)マントヴァに活動の拠点を移してから、かなりの時間が経ちました。

 引っ越して来てから最初のブログ記事は、街の代表的な建築物や美しい景観を紹介する、、そんな内容にしようと考えていたのですが、街の中心を散歩していたら、こんなユーモラスなシーンに出会いました。

 

 なんと、結構な大きさのワンちゃんが街の真ん中のメインストリートで、車の上に乗っかってお昼寝していたのです。

 

 

すると、、、

 

 

Mantova1 - コピー.jpg

 

 

街の人たちにとっても、かなり珍しい光景のようで、ほとんどの人たちが楽しそうに眺めていきました。 中には、ワンちゃんに話しかけて行く人も(笑)

 

 

以上、マントヴァからの初レポートは、この街のメインストリートからでした。